[WordPressサイト]サーチコンソールをGoogleタグマネージャで登録する方法

171022_01

WordPressサイトを運営していて、

サーチコンソールをGoogleタグマネージャで登録しようと思ったのですがなぜかエラーが出たので

その原因と解決方法をまとめました。

【記事対象者】
①WordPressサイト運営者
②Googleタグマネージャー導入済み
③プラグイン「Google Tag Manager」を使っている。

エラーの原因

Googleタグマネージャのスニペットの位置が間違っているとエラーが出ています。

スクリーンショット 2017 10 22 11 08 19

Googleタグマネージャのスニペットは正しくは下記のように挿入してくださいとあります。
スクリーンショット 2017 10 22 11 02 03

1.<head>内に、<script>タグを挿入。
2.</body>直下に、<noscript>タグを挿入。

※1と2の両方が正しく挿入されていることが条件。

考えられる問題点

現在、WordPressの「Google Tag Manager」というプラグインを使用しており、このプラグインでは、</footer>直下に<noscript>タグが挿入されるみたいです。

これでは先程の2の条件を満たしておらず、対策として別のプラグインである「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」を導入します。

対策

①「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」を導入し、非同期コード部分は「Custom」で対応

②子テーマの[header.php]内の<body>直後に挿入する。

設定方法

では、実際に設定方法を見ていきます。

①「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」をダウンロード。
スクリーンショット 2017 10 22 10 41 31

②管理画面の[設定]>[Google Tag Manager]>[General]で初期設定。
スクリーンショット 2017 10 22 10 42 53

スクリーンショット 2017 10 22 10 43 33
・Google Tag Manager ID ・・・ Google Tag Managerの[コンテナID]を入力。
・Container code placement ・・・ [Custom (needs tweak in your template)]にチェック
・[変更を保存する]をクリック。

※②の設定で、<head>内に<script>タグが自動で全ページに挿入されます。

③[header.php]を探して、<body>直下に下記タグを挿入します。 ※子テーマでの作業をおすすめします。

</body>直下に、<noscript>タグを挿入されたことが確認できた!

スクリーンショット 2017 10 22 11 05 02

あとは、サーチコンソール側でもう一度プロパティの確認を実行してみます・・・

スクリーンショット 2017 10 22 11 08 31

出来ました!

まとめ

WordPressのプラグインは便利な反面、動作を理解していないと意図していないところで違う動作をしていたりします。

今回はプラグインを変更することで無事サーチコンソールを実装することが出来ました!

171022_01

大画面でサクサクプレイ
【徹底解説】これからPC版を始めるあなたに送るシャドウバースPC版の圧倒的メリット3つ

もっと大画面でサクサクプレイしたい。高画質で動画配信をしてみたい。新たにカードを引いて、新しく始めたい。そんな方におすすめ!