奄美大島旅行記2日目

slooProImg_20150826012556.jpg

奄美大島旅行記2日目に突入です。
2日目は、奄美群島の中心地 名瀬から58号線に乗って南下して、海を目指そうかと思います。奄美といえば、海がキレイなのでたくさん回りたいと思います。

エブリワンで元気をチャージ

ガソリンスタンドで給油したら、海に向かう前にエブリワンで元気をチャージします。


奄美大島のコンビニは大手でいうとアイショップとエブリワンしかないんです。セブンイレブン、ファミマ、ローソンはなく正直不便ですので、ATMなどの時間は把握しておくと後々支払いができなかったなどにならないよう気をつけましょう。
エブリワン店内は、他のコンビニがない分品揃えが豊富です。奄美のエブリワンはレベルが高いですね。


今日も良いことに晴天に恵まれたので、熱中症にならないよう塩飴とレッドブルを購入して元気をチャージ。

58号線を南下。奄美市の最南端にある瀬戸内町に行くまでにトンネルを7〜8個通ります。マングローブ原生林は壮大でした。


58号線を南下していきます。トンネルを抜けて、海が綺麗に見えます。天気が良いと奄美の海が澄んでみえます。


南下していくと、途中の奄美市住用町にマングローブの原生林が広がっています。ここでも車を停めてパシャり。マングローブカヌーなどあるので、今度時間があるときにぜひ立ち寄りたいです!


南下すると、奄美大島の最南端にある瀬戸内町に到着。人口は約9,800人ほど。ヤドリ浜とホノホシ海岸が近くにあるらしいので向かうことに。ヤドリ浜へ向かう途中にいくつか写真スポットがあるので、車を停めてたくさん撮ってきました。


名前は分かりませんが、とても花が綺麗だったので撮ってきました。南国らしい花ですね。


ハートに見える丘。海がギリギリハートに見えなくもないですが、ちょっと微妙ですね〜。

ヤドリ浜は、静かで落ち着いていてサーフィンもできます


ヤドリ浜に到着。ここにくるまで、山道を8キロほど進むのですが、アップダウンが激しいので長く感じました。
ヤドリ浜のヤドリの由来ですが、雨風をしのぐ簡単な小屋のことを宿りと呼ぶようです。12〜3月の間の製糖期にはこのあたりのさとうきび畑に小屋を建て、家族で住み込んで作業をしていました。小屋(ヤドリ)が立ち並んだ場所なのでヤドリと呼ぶようになったそうです。


ヤドリ浜では、台風の影響を受けて波は少し強かったですが、さすが奄美!どこ行っても海が綺麗ですね。海に向かって左奥はサーフィンポイントのようで、サーファーの方が数人波乗りを楽しんでました!僕も泳いでヤドリ浜を満喫しました。

ヤドリ浜から5分ほどでいけるホノホシ海岸にも行きました。年中遊泳禁止の理由がわかりました


ホノホシ海岸につきました。浜が丸い石で敷き詰められて、珍しい場所です。雄大な景色が、綺麗でしたが台風が近づいていることもあり、海が荒れていました。


ホノホシ海岸を遠目から撮った写真です。
ホノホシ海岸は常時泳げないとこらしいってのを聞いて行ってみたら迫力が火曜サスペンス並だった。常に2〜3メートル級の波が押し寄せてくる。


写真だとなかなか伝わりづらいですが、波は荒々しかったです。


海岸の石は力強い波で角が削れたのか全てが丸い。
後から聞いた話ですが、ホノホシ海岸の丸い石を持ち帰ると災いが降りかかるらしいとの話をを聞きました。ネットで調べても理由はよくわかりませんでしたが、自然のものはそのままにしましょう。

お昼ご飯は、古仁屋のパン工房イマジンのパンをいただきます。


古仁屋のイマジンのパンが美味しいと聞いていたので、早速行ってきました。駐車場がなさそうだったので、路駐してきました。
価格帯は130円前後であったので、お手頃でした。時間帯が14時を過ぎていたので、パンがほとんど無かったのが残念でしたが、美味しかったです。

58号線沿いの白浜海水浴場で海水浴と貝拾いをしてきました


白浜海水浴場は、内海で波が穏やかでした。島民と思われる人も数人いました。特にシャワー室みたいなのは無かったので、水などは準備しておくとベストですね。


いい感じの海と空。


ガジュマルの木が力強いです。


貝拾いで厳選した貝たち。
宮崎に帰ったら、ビンを買っていい感じに詰める予定です。

帰りに飲み物を買おうと、白浜海水浴場の近くにある自販機でカルピスソーダを買ったら、品揃えにないウェルチのフルーツウォーターレモンが出てきました(笑)これを機に奄美で自販機のジュースを買うときは少しドキドキします。

夜は海鮮が旨い「脇田丸」で海鮮三昧でした。

今回は19時前に行ったので、そのまま入れました。


お通しでタコの和えものが出てきました。タコもお通しにしては結構な量が入っていて満足。


脇田丸自慢の舟盛り2〜3人前。店員さんが丁寧に説明してくれました。一緒に頼んでいた夜光貝も載っていて、豪華な舟盛りに。


奄美にきたら、ぜひエラブチ(ブダイ)を酢みそで頂いてとのこと。酢みそが絶妙で、エラブチのコリコリとした食感がたまらない。また食べたいと思う一品でした。


こちらは夜光貝。初めて食べてみると、結構食感が硬い。でもコリっと食べるのがたまらない。夜光貝の別の部位は柔らかくまた美味しかった。


赤うるめの塩焼き。臭みはなく、うまかった。


魚の煮付け。タイの切り身を煮付けたもの。
食べやすく切り身部分なので、骨もほとんどないです。プルプルのコラーゲン部分も美味しかった。


ヒキの唐揚げ。店員さんに魚は残すところがないからね〜といわれ、頭もバリバリっと食べる。確かに残すところがないのが魚だね。

2日目は、美味しい海鮮を食べて終了。3日目は名瀬から北を目指して観光しようと思います。

slooProImg_20150826012556.jpg

大画面でサクサクプレイ
【徹底解説】これからPC版を始めるあなたに送るシャドウバースPC版の圧倒的メリット3つ

もっと大画面でサクサクプレイしたい。高画質で動画配信をしてみたい。新たにカードを引いて、新しく始めたい。そんな方におすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です