著名ブロガーから学ぶ、ブログに対する姿勢とは

photo credit: Working via photopin (license)
photo credit: Working via photopin (license)

サルログとは別のブログで毎日更新を続けていたことがありましたが、いつからかパッタリやらなくなりました。
確かにどのブログでも言われているように毎日更新に敵うアクセスアップ術は存在しないです。
弱小ブログが小手先で行うSEOなんて全く持って意味がありません。
そんなことに時間を割くなら、WEBデザインの勉強をしたり、記事をコツコツ書いた方が正直言ってマシだと思います。
ということで身を持って毎日更新のパワーを確かめたいと思います。

前もって言っておきますが、飽き性な性格また気分屋でやりたい事がコロコロ変わるので、まずは一ヶ月毎日更新をやってみようかなと思います。更新をすればいいので、どんなショボイ記事でも構いませんし誰になにも言われません。要はブログって自分との戦いなんです。

戦いの前に参考になるブログから色んなことを吸収したいと思います。

まずは移住して成功されているイケダハヤトさんを参考にしようかと。

例えば、ブログで稼ぎたければ、この「5つのこと」を覚悟しなさい。
で書かれていることから抜粋すると

変化するためには、試行錯誤、もとい「打席に立つ回数」が圧倒的に重要です。毎日根詰めて書き続けていれば、否が応でも変化の必要性を感じますし、変化するための力(「脱皮力」とでもいいましょうか)も付いてきます。

ここで言われているように、とにかく記事を書けということですね。

しかし、いざ記事を書くとなると「何を書けばいいか分からない」と悩んで深刻になるだけで何も解決しない。
では稼いでいる人にフォーカスを当ててどんな記事を書いてるのか調べてみます。

今日たまたま見つけた幸せもお金も貯まる生活 というブログを調査してみます。

最初に感じたのがデザインって文章の二の次なんだと。
よく稼いでる人のブログとかってデザインが別に目新しくもなければ、凝っているわけでもなくシンプルなんです。
なのでデザインとかに力を入れる時間があるのなら記事を書く事ですね。
いまの時代、デザインの良いテンプレートなどは探せばいくらでも出てきますしね。
ただ僕は、デザインは自分で考えたい派ですが。

内容はどのような内容を書いているのか。

例えばこの記事。
【ブログ運営のQ&A】最初は稼げません、しんどくても稼げない時期は必ずあるもの。
読者がついているブログでよくある質問を記事のネタにして、読者に有益な情報を提供しています。
これってすごい合理的だと思います。

ちなみに内容も今回の記事にちょうど良いので抜粋させていただきます。
「ブログの更新がとまってしまっていて・・・
なかなか稼げずに、心がおれそうです。」に対して、こんな回答をされています。

まず、365日・・ 5本も記事更新していれば
やはりそれなりの結果が少しずつでてくるはずなので
そうではないということは、更新していないってことなんです。

私の場合は一日に5本も記事は出せていませんが
最低で月に60本くらいは出していますし

稼げていないときには一日に3~4つのブログを一気に更新していました。

そうなんです。どこのブログでも耳にタコができるくらい言われていることです。
結局は稼げる人の大多数は何が凄いって、いつ結果がでるか分からないことに全力投球なんです。
先の見えないことに時間を投資することがどれだけ大変か。
これがブログであれ、仕事であれ、趣味であれ、できる人は少ないですね。

いい結果が報告できるように、ひとまずはやってみようかなというくらいのテンションでやってみます。

photo credit: Working via photopin (license)

大画面でサクサクプレイ
【徹底解説】これからPC版を始めるあなたに送るシャドウバースPC版の圧倒的メリット3つ

もっと大画面でサクサクプレイしたい。高画質で動画配信をしてみたい。新たにカードを引いて、新しく始めたい。そんな方におすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です