所要時間20分!SublimeText3をダウンロードして日本語化するまでのアレコレ

160602_eyecatch_sublimetext3.jpg

AdobeBracketsがロゴも機能も大好き。
ゴリゴリコーディングで使用しているわけではないがライブプレビューなどわくわくする機能が満載だ。
ぼくは使いこなせていないが使っていこうと思っていた。会社のPCにもダウンロードしたし(あまり使わない)、自宅のパソコン、ノートパソコンにももちろダウンロードしている。だが、起動が若干もっさりしている。検索機能なんかを使えばもっさりを体験できる。正直、使うものには速さを求めたい。ぼくのやる気はそんなにもたないからだ。
ぼくのイメージだがSublimeText3はメモ帳、AdobeBracketは多機能なテキストエディタというわけだ。
最低限の機能しか持たないメモ帳が起動が速いに決まっている。というわけでSublimeText3をダウンロードしよう。

SublimeText3をダウンロードする(Windows64bit版)


Windows64bitをダウンロードする。容量は7.7MB。AdobeBracketsは約45MBほどある。


[起動後の画面] 起動までに1秒かからない。体感速度全然違う。うさぎとカメくらい違う。
これをこれから日本語化しないと。

参考:『初心者向け』 Sublime Text 3 導入と日本語化について – NAVER まとめ
ここ見ながらすればすべてできそう。

PackageControlのインストール

「Ctrl+`」で「show console」を開く

Installation – Package ControlからSublimeText3のコードをコピる。

import urllib.request,os,hashlib; h = ‘eb2297e1a458f27d836c04bb0cbaf282’ + ‘d0e7a3098092775ccb37ca9d6b2e4b7d’; pf = ‘Package Control.sublime-package’; ipp = sublime.installedpackagespath(); urllib.request.installopener( urllib.request.buildopener( urllib.request.ProxyHandler()) ); by = urllib.request.urlopen( ‘http://packagecontrol.io/’ + pf.replace(‘ ‘, ‘%20’)).read(); dh = hashlib.sha256(by).hexdigest(); print(‘Error validating download (got %s instead of %s), please try manual install’ % (dh, h)) if dh != h else open(os.path.join( ipp, pf), ‘wb’ ).write(by)

[SublimeText3用コード]

先ほどコピーしたコードを「show console」に貼り付けてペーストしてエンターすると少し経って下記のログが表示された。

import urllib.request,os,hashlib; h = ‘eb2297e1a458f27d836c04bb0cbaf282’ + ‘d0e7a3098092775ccb37ca9d6b2e4b7d’; pf = ‘Package Control.sublime-package’; ipp = sublime.installedpackagespath(); urllib.request.installopener( urllib.request.buildopener( urllib.request.ProxyHandler()) ); by = urllib.request.urlopen( ‘http://packagecontrol.io/’ + pf.replace(‘ ‘, ‘%20’)).read(); dh = hashlib.sha256(by).hexdigest(); print(‘Error validating download (got %s instead of %s), please try manual install’ % (dh, h)) if dh != h else open(os.path.join( ipp, pf), ‘wb’ ).write(by)
174110
reloading plugin Package Control.bootstrap
reloading plugin Package Control.Package Control
reloading Packages/Package Control/Package Control.sublime-settings
reloading Packages/User/Package Control.sublime-settings
reloading plugin 0packagecontrolloader.00-packagecontrol
Package Control: Installing 1 missing dependency

これで「PackageControl」がインストールされた模様。

Sublime Text3の日本語化

  1. 「Preferences」→「Package Control」を選択。
  2. 「Package Control: Install Package」を選択。
  3. 「Japanize」を選択。
  4. 「Package Control Message」の内容に従い、ファイルのコピーなどを行う。

2についてだけど『ins』と入力すると一番上に出てくるから手間が省ける。

「Japanize」をダウンロードすると、次のメッセージが出るのでそれに従い日本語化するだけです。
ほんとこれ作った方は天才だ。

Package Control Messages
Japanize:
Japanese menu for Sublime Text 3
Sublime Text3の日本語化プラグインです。

ゆーがいぶろぐさんの日本語化ファイルがベースです。

適用手順

1.C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Packages\Japanizeにインストールされている*.jpファイルを、

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Packages\Default

にコピーします。※Defaultフォルダがない場合は作成してください。

2.コピーしたファイルをオリジナルのファイル(.jpが付かないファイル)と置き換えます。(念のため、オリジナルのファイルが有る場合は.orgなどを付けて保管しておきましょう。)

3.C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Packages\Japanize\Main.sublime-menu(.jpが付かない方)を、

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Packages\User

にコピーします。すると、他のプラグインで上書きされてしまっているトップメニューも日本語化されます。

以上です。

これに従えばOK。

同じ事だけど、下記はぼくの環境でのメモ。

  1. C:\Users\*ユーザー名*\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Packages\Japanizeの.jpファイルをコピー。
    • Context.sublime-menu.jp
    • Indentation.sublime-menu.jp
    • Main.sublime-menu.jp
    • Side Bar Mount Point.sublime-menu.jp
    • Side Bar.sublime-menu.jp
    • Tab Context.sublime-menu.jp
  2. C:\Users\*ユーザー名*\AppData\Roaming\Sublime Text 3\PackagesにDefaultフォルダを作成。
    この中にさっきコピッた.jpファイルを貼り付け。
  3. C:\Users\*ユーザー名*\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Packages\JapanizeのMain.sublime-menu(.jpではない)をC:\Users\yutasano\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Packages\Userにコピー。
    以上。


メニューを見ると、無事日本語化されました!所要時間20分くらいかな。

起動までがほんとに速いからダウンロードしてよかった。
Bracketsを起動してみたけど、ガチで初回起動20秒くらいかかる><

160602_eyecatch_sublimetext3.jpg

大画面でサクサクプレイ
【徹底解説】これからPC版を始めるあなたに送るシャドウバースPC版の圧倒的メリット3つ

もっと大画面でサクサクプレイしたい。高画質で動画配信をしてみたい。新たにカードを引いて、新しく始めたい。そんな方におすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です